薬剤師転職 >

薬剤師転職が成功する流れを見てみよう!

薬剤師のほとんどは働きながら転職活動を行い、転職を成功させているケースが多く見られます。転職と聞くと、リストラや対人関係の悩み、職場に馴染めないなどのマイナスなイメージが付きまといますが、薬剤師の場合はキャリアや収入をアップさせる為のひとつの手段としてプラスに考えられています。

しかし、薬剤師は忙しい仕事の合間にどのように転職活動を行っているのか疑問に思いますよね。それは、薬剤師求人を専門的に扱った薬剤師転職支援サイトがカギを握っていると言えるでしょう。

ここでは、薬剤師転職サイトを利用した薬剤師転職の流れについて見ていきたいと思います。これから転職をお考えの薬剤師さんは、ぜひ参考にしてください。

薬剤師転職サイトは誰にでも利用できるものではありません。薬剤師と薬剤師資格のない一般の方を差別化する為にも、まずは「登録」が必要になります。登録が済めば、全国にある豊富な求人情報の中から、希望する求人を探すことができるようになります。

お目当ての求人を見つけ、自ら応募し、面接のスケジュールを組むために直接応募先と連絡を取る…というのはごく一般的な流れです。しかし、働きながらこれを行うのは想像以上に大変なことです。現職をないがしろにすることなく転職活動を進めるためには、薬剤師転職サイトの専門コンサルタントがとっても頼りになるのです。

通常、薬剤師転職サイトに登録すると、担当のコンサルタントから連絡が来る仕組みとなっています。そこで、勤務地や雇用形態、職種など利用者の希望条件を確認したのち、希望に沿った求人案件を紹介してくれるといった流れになります。

その時点で気になる求人が見つかれば、利用者の代わりに担当コンサルタントが求人先に連絡を取ってくれます。求人先が了承すれば、面接や採用試験の日程決めへと話が進んでいきます。

求人先とのやり取りは緊張感があり、転職活動の中でもストレスを感じやすい場面ですよね。薬剤師転職サイトのコンサルタントは、利用者と求人先の仲介がひとつ仕事ですので、非常にスマートに仲を取り持ってくれます。

一般的には聞きにくい、給料や待遇についてもコンサルタントを介して質問できる点も魅力ですね。このように薬剤師の転職は、薬剤師求人支援サイトを上手に活用することが転職成功へと導く重要なポイントだと言えます。求人情報をチェックするだけでも薬剤師の転職活動には大きな収穫となりますので、気軽に利用してみると良いでしょう。

ただ、薬剤師の転職に関して一点注意点があります。薬剤師の求人市場はいまだに売り手市場(つまり、薬剤師の側が有利)ですが、それでも以前に較べて転職が難しくなってきています。特に、年を取るごとに若手薬剤師に較べて多少の不利は覚悟しなくてはいけません。40代の薬剤師転職については下記で詳しいので参考にしてください。
40代の薬剤師転職、注意点は?

<関連サイト>
一般社団法人 山形県薬剤師会