薬剤師転職 >

薬剤師転職を成功させる流れを押さえよう

薬剤師が転職を検討する際、ほとんどの方が働きながらの転職活動を希望すると言われています。薬剤師の場合は、他の職業のように「リストラされたため転職・再就職を考える」といった形ではなく、キャリアアップや収入増などを求める前向きな転職を希望する場合がほとんどです。

そのため、薬剤師の方の大半が薬剤師専門の求人サイトや薬剤師転職支援サービスのサポートを受けることを選択します。では、これらのサイトやサービスを利用する場合、どのような流れで転職活動が進んでいくのでしょうか?ここでは、一般的な薬剤師転職の流れについてご紹介していきたいと思います。

薬剤師が転職活動を始める際の第一歩は、求人サイトや薬剤師転職サービスへの登録です。ここで、自力で求人情報を収集し、応募や面接の日程調整、応募先との各種折衝を独自で行うことも可能です。

しかし、現職で働きながらこれらの行動を行うのは至難の業。そのため、ほとんどの薬剤師は、求人サイトや転職サービスが用意している、専任のコンサルタントを活用することとなります。

一般的に、薬剤師求人サイトや薬剤師転職支援サービスに登録すると、コンサルタントから電話やメールで連絡が入ります。そこで、希望条件を尋ねられ、後日希望に合いそうな求人情報を提供してもらうといった流れとなります。

そして、その求人の中から気に入ったものを選択すると、コンサルタントが雇用側へ連絡・交渉をしてくれます。そこで交渉成立となると、面接や採用試験の日程が決まるということになります。

求人サイトや転職支援サイトのコンサルタントは、転職活動で大変手間のかかる雇用側との連絡や交渉を代行してくれる、大変心強い存在です。そのため、多くの薬剤師は求人サイトや転職支援サイトのコンサルタントを活用し、転職活動における手間や時間を上手に省き、働きながらの転職を成功させているのです。

薬剤師として転職を成功させる流れに乗りたいと考える場合には、まず、求人サイトや転職支援サイトへ登録を行い、コンサルタントの情報提供を受けることからはじめてみると良いでしょう。
一般社団法人 山形県薬剤師会